準備万端 2005年11月1日
コロン2か月と4日
モカの妹分がやってくる事が決まり、我が家ではあわただしく子犬を迎える準備を進めました。
まずは子犬の為にサークルを用意。
寒い季節を間近に控えていたので、ペットヒーターも。
結局コレは1度も使わず終いでしたが。。笑笑
そしてモカちんにはベッドを買ってやりました。
ゆくゆくは完全放し飼いにしたい希望もあり、子犬がやってきたら、モカちんだけ先に放し飼いに出来たらいいな〜と思ったのです。
そして、モカちんをサークルではなく、リビングに置いたベッドで寝かせる練習もしました。
リビングにモカを一人残し、ウェブカメラで監視してみると。。
これは意外と簡単にできました。
ワンって、一人になると実につまらなそうに、すぐに寝てしまうということがわかり、とても勉強になりました。
イタズラは皆無だったなぁ。。

ベッドにたくさん入ったおもちゃは、勿論全部モカちんのもの。
でも、その後すべて妹の物になっていくのでした!
自他共に認める、ベタ甘なモカと大甘なママさんのラブラブねむダダたいむ。
モカちんはお腹を出してコネコネごきげんさん。
これが当たり前のモカちん。
こんなあどけない表情のモカちんは、この後の運命をまだ知りません。
ていうか、ママさんだって、このままのモカちんに、妹がもう1匹加わるのだと思っていたんです。
妹を迎えるにあたり、ママさんには心配事がたくさんありました。
1番はやはり、モカちんと妹が上手く一緒に暮らしていけるかどうか。。
相性やら力関係が気になって、とても心配でした。
そして。。。
ママさんにとって、欠け替えのない大切なモカちんですが、子犬の可愛さは皆さんもご存知のとおり。
だれでもとろけてしまう魔力があるのです。
妹がやって来たら、ひょっとしてママさんが子犬に夢中になってモカちんに寂しい思いをさせてしまうんじゃないか?
赤ちゃんにかかりきりになったら、モカちんがぽつんとしてショックを受けるんじゃないか。。
などなど、あれもこれも心配になってしまいました。
妹を迎えるのは、まだ早かったかなぁ、なんてことがふとよぎったりもしました。
そんな時に、周りで多頭飼いをしているお友達が、みなさん口をそろえて、
「心配しすぎ!来ちゃえば何とかなるものだから、もっと気楽に考えた方がいい」とアドバイスをしてくれました。
そうか。。。。モカちんのことを考えて、女の子にしたんだし。。
大丈夫だよね!
妹を迎えると決めたからには、覚悟を決めて前向きに考えてあげないと、モカちんだけでなく遠くから来てくれる赤ちゃんに悪いよね!
ていうか、そんな気持ちで迎えちゃダメだよね〜!
すっかり気持ちを切り替えたママさんは、妹の名前をはりきって考えました。
ブリーダーさんが、ママ&パパさんが付けた名前を血統書名として申請して下さるとのことだったので、短期集中で無い知恵を絞りました。あはは
「チョコ、モカ。。。と来ているので、カフェっぽいのがいいかなぁ。。それとも。。。。」
なんて、ああでもない、こうでもないと楽しんで。。
決めた名前は。。。
『CLOLONコロン』ちゃん。
その後みなさんにお菓子の名前から?オーデコロンのコロン?コロコロしているコロン?等、可愛い想像をして頂きましたが、実はコロンビアのコロンです!
コロンビアコーヒーのコロンね!
でも、いい加減にしたので、綴りが思い切り違いますけれど。。。爆
無事に名前も決まり、あとは可愛いコロンを迎えるばかりです。
といいつつ、コロンが2ヶ月になるまで、ブリーダーさんの所で育てていただく事にしました。
生後40日程度で親や兄弟から引き離してしまうのは良くないと思ったからです。
それと、モカちんの一人っ子として最後の旅行の計画があったし。。またまた不謹慎ですね。
パグ仙主催のお泊りオフで行った、伊豆の旅は最高に楽しかったなぁ。。
気持ちが揺れ動きながらも、いよいよコロンを迎える日が近づきました。
この甘えん坊のモカちんがコロンにどんな反応をするのかな。。
今はママさんのお膝を独り占め〜なモカちん。
ヒッパリッコでさえ、ママさんのお膝に乗ったままやってぇ〜
ソリャ無理だよ、モカちん。。ふふ
毎日ゴキゲンで遊ぶモカちんは、まんまオコチャマです。
でも、モカちんの一人っ子も今日が最後。
明日からは可愛い妹が来るから。。。
楽しみだね!
妹と仲良く出来るといいね〜!