公園デビュー 2004年2月11日
モカ4か月と5日
体重4,2キロ
 天気が良くて、暖かな休日の夕方、モカを連れて、初めて公園に行った。かつてチョコと行った西国分寺公園だ。まだ呼び戻しがちゃんと出来ていないので、15mのロングリードを持参した。広い世界を見て、モカはどう感じるかな?

 ナイロン製のフリスビーを投げると、思い切り走って追いかけて行く。元気一杯だ。「モカちゃーん!」と呼ぶと、猛ダッシュでやって来る。可愛いぞ。そして、小学生のお兄ちゃん達が遊ぶサッカーボールを、モカは張り切って追いかける。お兄ちゃん達も思わず笑って、ちょっと遊んでくれた。

 そうこうする内に、他のワンちゃん達が近づいて来た。ミニチュアダックス3匹、トイプードルにチワワ・・・だんご状態だ。 始めはビビってママさんの足の影に隠れていたモカも、その内にそろりそろりと出てきて、お尻の臭いを嗅ぎに行った。チョコがなかなか出来なかったことを、モカはすんなりとやって見せた。その子によって得意分野は違うものだ。
 この日出会ったワンちゃん達は、みな穏やかなやさしい大人の犬だったので、モカでも大丈夫だったのだろう。飼い主の方々にも可愛がって頂いたり、遊んで頂いたりして、ちびすけモカはとても楽しかったようだ。人もワンも大好きになりました。ラッキーボーイ!!
公園に着いたよ。 モカは大真面目でお座りしているが、左のお耳が先まで立っちゃった。
すっとんきょうで、傑作だ。
横から見るとこんな感じ。
フレンチブルじゃあ、ありません。
さあ、出発だ。
広い原っぱ。 いつものように、張り切るモカ。
フリスビーを投げて、「モカちゃーん、取ってきてー!」 大得意でくわえてくる。
前が見えないくらい、フリスビーがでかい。
そして再び、「取ってきてー!」
ありゃりゃ、間違えた。お紐を持ってきちゃった。
遠くに置き去りにされたフリスビー。
わんわんに遭遇。実は初めてなんだ。 こ、怖い?
とりあえず、ママさんの足元に隠れるモカ。
「大丈夫だよ。」
そー・・・   用心深いモカ。
おじちゃんの足の影からこっそり臭いをかいでいる。 ミニチュアダックスちゃんと、チワワちゃん。
二人ともとても穏やかなやさしい子でした。
モカにとって、いい出会いだった。
やっとママさんの足元から出てきた。
お耳が後に向いて、緊張しまくり。 日も暮れたし、そろそろ帰ろうね。