春うらら 2004年4月5日
モカ5か月と30日
体重6,0キロ
 最近のモカは本当、笑わせる。先ずはガムの食べ方。モカソファの上で与えてやっても、必ずお膝に持ってくる。で、お膝に寝そべって可愛く食べると思わせておいて、くるりと向きを替え、ママさんの胸にお尻を押し付けてくる。後ろ足はママさんのお腹の上だ。それが、じわじわと上ががり、気が付くと、その足はママさんの胸に乗り、モカのお尻がなんとママさんの鼻先へ。「モカちゃん、ぷぅしないでよ」これがママさんの口癖になっている。そして、前足だって大変だ。ガムを持つママさんの手の甲に着地していたいらしい。爪が柔肌(?)に食い込んで、痛いの何の。モカの前足を何度膝に下ろしても、すぐにまた乗せてくる。なんで、こんなのが好いんだか、しゃべれるものなら言ってみな、て感じ。

 次は、不思議な話。モカにTシャツを着せたままキャリーに入れて、ドライブすると、到着した時には必ずキャリーの中で脱いである。しかも、いつもTシャツは敷物の下から出てくる。着せる時だって結構苦労するのに、音も立てずにキャリーの中で、いったいどうやっているのか、一度でいいから見てみたい。

 もう一つ。モカはママさんのセーターの中にもぞもぞと入ってくる。お腹の周りを一周したりして、なかなか出てこない。どうも居心地が好いらしい。面白がって、袖の方へ誘導してみたら、ぎゅうぎゅうにずるむけ状態のモカの顔が、ニュッと現れた。ちょっと焦ったらしい。へへへのへーだ。
ガムを頂いた。 ボクはこうやって、ママさんのお腹に足を乗っけて食べるのが好きなんだ。ぽんぽこお腹にね。
みんなもやってごらんよ。
玄関にお花が咲いてた。くんくん。 こっちっは違う匂いだ。
ボク、これが好き。 ふーん。いい匂いだなあ。
お座りしてたら、後にどんどんすべって、テーブルの下に入っちゃった。
ママさん、早くヨシって言ってー。
ママさんにダッコされるのボク大好き。
こう見えてもボクは甘えん坊なんだ。
見たまんまじゃ・・・天の声。
人間の可愛い子ちゃんが遊びに来てくれたよ。
でも、ボクのことが怖いんだって。チューしたいんだけどな。
小学生になるんだって。僕もいきたいなあ、小学校。