モカ小学校・飛びつき防止 2004年4月10日
モカ6か月と4日
 モカもとうとう今日から小学生。といっても、4回の幼稚園の続きが小学校なだけで、お利口になった訳じゃあありません。ただ、月例にあったしつけを教えて下さるので有難い。基本的にチビちゃん用なので、それほど厳しくはない。幼稚園の目的は犬慣れと人慣れなのだそうだ。実際のしつけは小学校からかな。

 さて、今日は飛びつきを止めさせる方法を教えていただいた。モカの重要課題だったので、期待いっぱいだ。今回は、人に飛びついた瞬間、リードを真下に引き、スワレをしたらご褒美として相手になでていただく、というやり方だった。幼稚園の時には、飛びつきそうな時はコントロールポジションで、飛びつけないようにさせる方法だった。もっと大きくなると、リードで後に引き倒したり、足払いを掛けるやり方もあるそうだ。ど素人のママさんはただただびっくりでした。
 他にも、ツケや呼び戻しの練習をした。そういえば、ノーリードにする時には、必ず「行ってオイデ」などと声をかけるのだそうだ。リードを外しても、その言葉が無い時は、行ってしまわないようにする為らしい。しつけ教室で習うことは、基本的にワンチャンの安全の為の訓練だなあ、と改めて実感。実際には、家で練習しても、なかなか教えを習得するのは難しい、これも実感です。ハイ。
モカも今日から小学生だ。 階段は怖くて降りられないんだ。
教室に向かう通路。やる気満々で引っ張りすぎ。2足歩行になってるぞ。 プードルちゃんだ。どれどれ、クンクン。
モカ、落ち着こうね。ということで、スワレ。 今日はチワワチャンもいるよ。華奢だなあ。
ボク好い子に出来るよ。 今日は飛びつき防止の訓練です。厳しくてやさしい先生。
飛びつく状況を作って・・・ 実際にやってみた。 歩行訓練だよ。お顔を見てね。
ゆっくり回って・・・ お目目を見てね。
ご褒美だよ。 ボク上手に出来た?
ねえ、パパさんも見てた? ボク、アイコンタクトは得意だよ。
えへ〜。時々ママさんに甘えちゃうんだ。
ママさんはボクのこの顔が好きらしいよ。
いい子にしてたら先生も来てくれたよ。
帰りにショップでレインコートを試着。ちゃんと試着室があるんだ。
これは牛君。
こちらはかっぱちゃん。ボクは牛君のヤツを買ってもらったよ。
似合う?