小学校・拾い食い・引っ張り防止
2004年4月17日
モカ6か月と11日
体重6,4キロ
 4月17日の小学校では、拾い食いをさせない方法を習った。それまでモカは、散歩中に石や葉っぱや、コールタールまで飲み込んでいたので、ぜひ身に付けさせたい内容だった。
 床にフードを置いて、リードをつけてそばを歩く。この時食べそうになったら、リードを引いて「いけない」と言う。その声で戻ってきたら褒めて、ご褒美をあげる。練習する内に、食べずに通り過ぎたら、うんと褒めるのだそうだ。拾い食いなんかするよりも、飼い主さんの言うことを聞いた方が、ずっといいことがある、と刷り込むらしい。これは結構効果的で、食いしん坊のモカでも、ぴたりと拾い食いはしなくなった。

 一週間後の4月24日は、散歩中の引っ張りを止めさせる方法を習った。こちらも、有効な方法をたくさん教えて頂いたが、ママさんの力量不足で、未だに引っ張り犬続行中。優雅にお散歩している人々を心から尊敬するママさんでした。憧れるなあ。
ママさんのお顔が見たいから、ボクどうしても向かい合って座っちゃうんだ。 だって、ママさんニコニコして「いい子ねー」て言ってくれるんだもん。
先生のおやつ狙い。お行儀悪いぞ。 ちょっと、眠くなっちゃった。
ぽりぽりぽり。 先生との訓練も大好きだよ。
先生の話を良く聴くよ。 のけぞってきちゃった。
あれから一週間。ハナミズキが咲いたよ。 言っとくけど、ボクは花よりだんごタイプさ。
お風呂に入って、小学校へ行くんだ。 はなぺちゃがそろった。パグ2匹に、フレブル、ボストンテリア・・・最高だ!
フレブルの女の子に気にいられるモカ。 でも逃げる。
やっぱり逃げる。 ボストンちゃんにちょっかいを出すモカ。目玉がこぼれそうだ。
ちょっと休憩。 もう追いかけっこしないの?
ねえ、ママさん、なんでかなあ。 ジー・・・・・・・・私はフレブルよ。
ボク君のこと、キライじゃないよ。 屋外での歩行訓練。超引っ張り犬だ。
先生だと、ありゃ、素直じゃん。 左に付いて、スワレ。
では、ママさんも。 うーん、難しい。
わんにゃんのロンちゃん。
私は大人よ。子供だっているんだから。
ボクは子供?
もう、動けないよう。